住宅ローンを利用するためには、連帯保証人が必要なのでしょうか。

おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう

住宅ローンの利用

あまりにも高額なもののため、ローンを利用しないと購入できないケースが大半といえるのが住宅です。
この住宅を購入するためのローンが「住宅ローン」です。
住宅ローンの利用者は非常に多いため、安心できるローンとして捉えられているケースが多いようです。
ですがあくまでもローンであり、利息を上乗せして返済する必要があります。
さらに、住宅ローンは住宅や土地という不動産の性質があり、他のローンとは違った一面があります。
そもそも住宅ローンはあまりにも高額な融資額です。
さらに高額な融資額のため、長期に渡って返済する仕組みとなっています。
他のローンはこれほど高額なものではないため、ここまで長期返済というものではありません。
そのため連帯保証人をたてることができます。
ですが住宅ローンのような高額で、長期返済のローンで連帯保証人をたてることはほぼ不可能といえます。
そのため、住宅ローンは他のローンとは異なり、連帯保証人をたてる必要はありません。
その替わりに「保証会社」と契約する必要があります。
この保証会社とは、連帯保証人の代理人のようなものです。
例えば住宅ローンの利用者が、返済を滞らせたとします。
すると住宅ローンの融資元である金融機関は、保証会社に対して住宅ローンの残高を請求します。
そして保証会社は請求を弁済し、代わりに住宅ローン利用者に対する請求権を持つことになります。
その後は、住宅ローンの返済を保証会社に対して行うことになります。
ではこのまま、返済が難しい状態が続けばどうなるのでしょうか。
ここで不動産としての特徴である権利が関係してきます。
住宅ローンを利用して購入した住宅には「抵当権」が設定されています。
抵当権は所有権の上位にある権利で、所有者の意思に関係なく、抵当権を行使することができます。
抵当権を行使するということは、対象の住宅を競売にかけるということです。
その結果、住宅ローンの多少の残高は相殺されますが、ローンの返済だけが残ることになります。
これを住宅ローン利用者は返済していくことになります。
住宅ローンは住宅や土地といった不動産を先に担保として抑えられているため、完済する以外の方法は存在しません。
これが他のローンと大きく異なる点です。
住宅ローンを利用して購入すれば住宅や土地は自身のもの、と勘違いしてしまいますが、それは自由に使用できるという所有権を持つに過ぎず、ローンの残高がある間は、他人のものを使用しているに過ぎないという認識を持っておきましょう。

Copyright (C)2017おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう.All rights reserved.