キャッシングカードの申し込みは現在、インターネットなどで簡単にできます。

おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう

キャッシングカードの申し込み

以前は町中に自動販売機のように設置されていたキャッシングです。
現在はインターネットによるキャッシングサービスが主流となっています。
インターネットということもあり、顔を見られることなく利用しやすいのが特徴となっています。
またインターネットを使用しているため、融資までの時間が短いという特徴も備えています。
では、現在のキャッシングローンはどのようになっているのでしょうか。
インターネットでカードを申し込む場合、まずは必要事項を入力します。
そしてインターネットあるいはファックス、郵送などで必要書類を提出します。
その後、メールあるいは電話にて、ローンの審査結果が伝えられます。
ローンの審査に通ると、郵送で入会手続きを行います。
こうしてカードを受け取って利用開始となります。
また電話や郵送が不要となっているローンもあります。
こちらは利用開始までの期間がさらに短くなっています。
また振り込まれる口座は、現在使用している講座を利用できるというメリットがあります。
こちらはホームページとメールのみで入会手続きを完了することができるすぐれものです。
ただし特定の銀行に口座を持っている必要があります。
インターネットを利用して申し込みをする場合、必要書類を提出する必要があります。
本人確認証である「免許証あるいはパスポート」、収入を証明する「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書」などとなっています。
給与証明書は直近2カ月分が必要です。
また、勤務先を確認する書類として「健康保険証」あるいは「給与証明書」となっています。
これらはすべてコピーで問題ありません。
これらの書類を用意して、同意事項と約款を確認し、審査に必要な情報を入力します。
「氏名」「よみがな」「性別」「生年月日」「メールアドレス」「携帯電話の有無」「携帯電話の電話番号」などとなっています。
これらを入力するだけで申し込みは終了となり、後は審査を待つのみとなります。
ですが非常に簡単とはいえ、あくまでも手続きの話です。
お金を借りることに変わりはありません。
ローンは金利があり、利息を含んで返済する必要があります。
そのため、完済できる金額しか借りるべきではありません。
月々利息だけの返済になると、後に雪だるま式に借金が膨れ上がります。
もちろん現在は総量規制があるため、年収の1/3までしか利用することはできません。
それでも高額なローンには違いないでしょう。
ご利用は計画的にといわれていますが、これは返済計画を立てた上で利用してください、という意味です。

Copyright (C)2017おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう.All rights reserved.