住宅ローンを利用する際に、頭金は用意しておいた方がよいのでしょうか。

おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう

住宅と頭金

住宅を購入する費用は他のものと比べようのないくらい高額です。
そのため住宅ローンを利用するのが普通といえます。
ですが住宅ローンはあくまでもローンであり、利息を上乗せして返済する必要があります。
住宅や土地という特質上、担保物件になるため完済しなくては購入した意味がありません。
そんな中、昨今の住宅ローンでは頭金が不要というものがあります。
賃貸物件で生活をしながら頭金を貯蓄することは難しいといえます。
ですがだからといって頭金を用意せずに住宅ローンを利用しても問題ないのでしょうか。
比較するためにまずは頭金を用意した場合の住宅ローンを算出してみましょう。
例えば2,500万円の住宅ローンを利用するケースを想定します。
すると頭金は2割の500万円となります。
頭金が500万円あるため住宅ローンの金額は2,000万円となります。
そして住宅ローンの金利を3パーセント、返済期間は35年間、ボーナス払いはなしという条件を想定します。
すると、総返済額は3,232万7,400円となります。
利息は1,232万円ほどとなります。
これでも相当な利息といえます。
では頭金を用意しない場合の住宅ローンを算出してみます。
頭金がないため住宅ローンの融資額は2,500万円です。
条件は上記と同じ様に、金利を3パーセント、返済期間は35年間、ボーナス払いはなしとします。
すると、総返済額は4,040万9,460円となります。
利息では1,500万円にもなり、頭金を用意しない場合の総返済額との差額は、800万円も異なります。
すなわち頭金よりも大きな差額になってしまうというわけです。
800万円の差額といえば、高級な自動車を購入してもなお高額なおつりがくるほどです。
これが頭金を用意した場合とそうではない場合を比較した結果です。
これでも頭金を用意しないで、住宅ローンを利用した方がよいと感じるでしょうか。
確かに2割の頭金を用意するということは大変なことです。
ですが頭金を用意しないと、後々さらに大変な返済となることは明らかです。
住宅ローンは多くの方が利用しているため、安心して利用できるということは事実かもしれません。
ですがその利用方法に問題があると、とたんに大変な債務へと変わってしまいます。
そもそも住宅ローンの頭金の目安である2割というのは、2割以上の頭金を用意できないと、住宅ローンを利用できませんでした。
すなわち2割の頭金を用意すること自体が、利用条件であったわけです。
その利用条件が取り払われていますが、現実的に考えて、この条件は利用条件であることに変わりはないといえます。

Copyright (C)2017おおきな負担 住宅ローンを冷静に考えよう.All rights reserved.